BORIS 25TH ANNIVERSARY ALBUM "DEAR"

UPDATES

RELEASE INFO

DEAR

Boris / DEAR (Japan)
2017.07.12 Release

Daymare Recordings
2CD: DYMC-300 (3,200yen + tax) / 3LP: DYMV-300 (7,000yen + tax)
日本盤のみボーナス・ディスク付 CD2枚組, LP3枚組仕様

Boris / DEAR (International)
2017.07.14 Release

Sargent House
CD: SH-180 / 2LP: SH-181

Tracklist:
1. D.O.W.N -Domination of Waiting Noise-
2. DEADSONG -詩-
3. Absolutego -絶対自我-
4. Beyond -かのひと-
5. Kagero -蜉蝣-
6. Biotope -ビオトープ-
7. The Power
8. Memento Mori
9. Dystopia -Vanishing Point / 何処へ-
10. Dear

[日本盤ボーナス・ディスク]
1. More
2. Evil Perspective
3. D.O.W.N -Domination of Waiting Noise- (Full Version)

Boris are:
Takeshi - Vocal, Bass & Guitar
Wata - Vocal, Guitar & Echo
Atsuo - Vocal, Drums, Percussion & Electronics

Additional Musician
AXONOX - Electronics on Track 01

Recorded by Fangsanalsatan at Sound Square
Mixed & Mastered by Soichiro Nakamura at Peace Music
Sound Produced by Boris & Shinobu Narita
All Songs & Words Written by Boris

Artwork - Kosuke Kawamura
Layout - Fangsanalsatan

SHOWS

2017.07.15 (SAT) "DEAR Release Party" Daikanyama UNIT (Tokyo)

2017.06.18 (SUN) "UGX. undergroundextra 2017 2DAYS" -DAY2- Shindaita FEVER (Tokyo)

VIDEO

BIOGRAPHY

1992年より活動開始、1996年にTakeshi、Wata、Atsuoという現在のメンバー編制へ。活動当初より自分達の居場所と方法論は自ら作り上げるスタンスで、ワールドワイドに展開。文字通り音を‘体感’するダイナミクスに満ちたライヴで熱狂的なファン・ベースを確立。そのパフォーマンスはナイン・インチ・ネイルズをも魅了し、USアリーナ・ツアーのサポートに抜擢。断続的なスタジオ・セッションを通じ、ほぼ全て自ら録音する‘ひたすら音と向かい合うレコーディング’は代表作『PINK』('05)、『SMILE』('08)、『NOISE』('14)をはじめとする30数作に及ぶフル・アルバム、サン O)))との共作『Altar』('07)他約20作品に及ぶコラボレーション作を産んだ。『ニンジャスレイヤー フロムアニメイション』に書き下ろし新曲3曲と新録1曲を提供('15)したことも記憶に新しい。
また映画『リミッツ・オブ・コントロール』('09)『告白』('10)へも楽曲を提供、映像的と評されることが多い楽曲とのマッチングの良さで、音楽界以外でも注目を浴びている。
2013年より改めてゲスト・プレイヤーを含まない3人編成でのライヴ活動に主眼を置き、メンバー間の相互作用とバランスを更に強化。日本/北米/ヨーロッパ/オーストラリアを中心に行うワールド・ツアーは、現在も規模を拡大しながら2006年以降毎年行っている。
結成25周年を迎える2017年、最新スタジオ・アルバム『DEAR』を全世界同時発表。